腰痛の症状と対策・治療TOP  ≫ 腰痛の症状

腰痛の症状

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛ヘルニア

腰痛の症状が無い場合でも「5人に1人はヘルニア」、「3人に1人は椎間板ヘルニア」、「5人中4人は椎間板に膨らみがある」などの統計があります。

このような統計を見た場合に、現在痛みが無い人でも人事だと思えなくなります。

この統計は、ワシントン大学の調査(MRI検査)結果によるデータだそうです。

最初の「5人に1人はヘルニア」と言う数字は、痛みが無い60歳以下の人を対象にした数字です。

次の「3人に1人は椎間板ヘルニア」と言う数字は、60歳以上の人を対象にした調査結果です。

そして最後の「5人中4人は椎間板に膨らみがある」と言う数字は、60歳以上の人の椎間板を調べた結果の数字です。

この結果をみてあなたはどう思いますか?

特に最初の「5人に1人はヘルニア」と言う数字ですが、これを見ると少し怖くなりました。

やはり、少しでも腰痛の症状がある場合は、何かしらの対策をとった方が良いと思います。

そもそも、椎間板ヘルニアとはどのような病気なのでしょうか。

痛みが発生するのは、臓器のあり部分が元々ある場所から動いてしまったことによって起こります。

元々の場所から動くことによって、他の臓器や神経などを圧迫してしまい痛みが発生します。

・腰から足先にかけての激痛(ほとんどは片側)がある

・立っていると辛くなる

・前かがみの姿勢が特に辛い

などの症状がある場合は、椎間板ヘルニアを疑ってみた方が良いでしょう。

椎間板ヘルニアの場合、ただの腰痛だと侮っていると大変なことになります。

治療しないでそのままほおっておくと、痛みだけではなく「排尿障害」や「感覚障害」を引き起こしてしまうことがあります。

椎間板ヘルニアを予防するのに一番いいのは、日々の生活の中で姿勢を正しい姿勢にすることによって予防になります。

知らない間に足を組んでしまったり、あぐらをかいたりしてしまうことが多い人は注意して下さい。

反対に言えば、足を組んでしまったり、あぐらをかいてしまうくせを治して、背筋を伸ばすようにすることで少しでも予防に役立ちますのでそのように心がけて下さい。

スポンサーサイト

腰痛と肥満の関係

腰痛と肥満の関係には、密接な関わりがあります。

肥満になればなるほど、体重が増えれば触れるほど、腰への負担が大きくなり、そのうち耐え切れなくなって、ぎっくり腰などの腰痛になっていきます。

肥満体の人は自分のバランスを保持するために、おなかを突き出して歩いている人が多いいようですが、この姿勢が腰に負担を与えます。

普通の体系の人以上に体重が増えた人でも、その体重を支えるための筋肉がしっかりしていれば、腰痛になり難いようです。

しかし、肥満体の人でしっかり運動して、体重を支えるだけの筋肉が付いている人は少ないようです。

だからといって、肥満体の人が急に運動を始めて、ダイエットをしたり、自分の体重を支えるための筋肉を付けようとすることは、逆に腰を痛めてしまう可能性が高いでしょう。

肥満体の人は、食事を制限してウォーキングなどの軽い有酸素運動や、自分のできる範囲でストレッチなどをするほうが良いでしょう。

ウォーキングでは、消費カロリーはたいしたことが無いため、ダイエットにはあまりなりませんが、足腰を鍛えるためには良いでしょう。

足腰を鍛えることによって、基礎代謝があがるため運動していないときですカロリーを消費することができるでしょう。

正しい姿勢でウォーキングすることを気をつけて下さい。変な姿勢でウォーキングしたりすることは、逆に腰に負担がかかり腰痛になってしまいます。

特に日中のウォーキングなどでは、脱水症状や日焼けなどにも注意するようにしてください。

年をとるに従い筋肉量が減って行き、基礎代謝が落ちで肥満になりやすくなったりします。

老化も腰痛が起きやすくなる原因の一つですから、老化と肥満が合わさったりすると相乗効果によって腰痛が起きやすくなったり、痛みが酷くなったりしやすいので注意してください。

腰痛のいろいろ(原因)

腰痛の原因を三つに分けた場合、筋肉の疲労が原因、内臓疾患が原因、体(背骨)の歪みが原因です。

動いた時だけ痛くて、安静にしていると痛みがないような腰痛の場合は筋肉の疲労が原因だと考えられます。

筋肉の疲労が原因の腰痛の場合は、しばらくの間安静にしていたり、湿布などを貼っていると痛みが治まることが多いようです。

腰痛の症状が軽い間に対処しないと痛みがひどくなったり、慢性化したりしてしまいます。

内臓疾患による腰痛の場合は、ほとんどの臓器の疾患で腰痛が起こる可能性があるそうで、ひどい腰痛だと思ったら、じつは尿路結石や腹部に腫瘍ができていたということもあるそうです。

これまでに経験したことのないようなすごい腰痛や血尿、腹痛を伴う場合は、すぐに病院で検査を受けた方がよいでしょう 。

背骨の歪みが原因の腰痛の場合は、日常生活の中で背骨が歪んで、通常以上に筋肉に負担をかけてしまうことで起こります。

背骨を中心とする体の歪みを整体などで矯正しない限り、腰痛は治らず、ますます悪化していくことが多いといわれています。

他にも、肥満によって背骨や筋肉に負担がかかり耐え切れず、腰痛になることもあるようですし、心因性のストレスが原因で腰痛になる場合もあり、人によって腰痛の原因も様々なようです。

腰痛が慢性的に続いた場合や、痛みがひどい場合は、自分の腰痛の原因が何なのかを病院などで検査してもらってはっきりさせた方がいいでしょう。

たとえば、緊急に治療が必要な疾患だったり、長引くことで体がしびれたりマヒしたりといった腰痛以上の深刻な症状が出ることもあるようです。

スポンサードリンク
Copyright (C) 腰痛の症状と対策・治療. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。