腰痛の症状と対策・治療TOP  ≫ 腰痛の治療

腰痛の治療

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛マッサージ

腰痛って本当に辛いですよね。

何が辛いって、他の病気と違って他人に理解してもらえない事が一番辛い所では無いでしょうか。

腰痛はチョットした風邪なんかよりも日常生活に使用をきたす事が多い程で、痛みの強さなどは経験者にしか分からない物があります。

一時的な腰痛にしろ、慢性的な物にしろ、腰痛のある時は出来るだけ早くその症状から逃れたいと思う事でしょう。

そんな時に、マッサージ店に行けば話は早いかもしれませんが、慢性的な場合は金銭的にも辛い所がありますし、腰痛がひどい時に待ち時間があったり、店まで行か無いと駄目だったり、最悪の場合、揉みおこしの心配なんかもあります。

ですので、そんな時の為に、腰痛予防策・腰痛解消どちらにも効果があるとされるセルフマッサージ法をご紹介します。

これはいつでも出来るのですが、お風呂上がりなどの血行が良い時に肌に直接マッサージすればさらに効果が期待出来ます。

まず始めに手のひらをこすり合わせるなどし、温めておきます。

それから、真っ直ぐに立ち、足を肩幅程度に開きます。

そして、温めておいた両手を腰にあて、力を入れリズミカルに腰からおしりの仙骨あたりまでこすり下ろします。

大体、毎日100回程度これを続ければ、腰痛解消に加えて腎臓機能の活発化も望めるとされているので、腰痛でお悩みの方は一度生活習慣の一部としてこのマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

腰痛にいい食品について

腰痛については、全ての人にとって身近な問題です。

腰は体の中で一番負担がかかる場所だと言われていて、全ての人がいつ腰痛になってもおかしくないと言うことです。

腰痛の予防策としては、筋肉や骨を強くすることで予防になります。

しかし、腰痛になってしまっている人にとっては、腰痛の症状を和らげることが大事です。

カイロプラクティスや整骨院に通うことも腰痛の痛みを和らげる方法の一つですが、腰痛に対して良いと言われている食品もあります。

食品であれば、自分の毎日の生活の中に取り入れやすくなります。

カルシウム、タンパク質、ビタミンB、Cなどは腰痛に効くと言われています。

具体例をいくつか挙げると、

・玄米

・魚

・豆腐

・枝豆

・納豆

・チーズ

・うなぎ

・レバー

・生姜

・酢の物

・山芋

などで、日常の料理に取り入れやすいものも多いですね。

納豆や枝豆、豆腐などの大豆製品は、腎臓の働きを助けてくれるものだとも言われています。

腎臓と腰には密接な関係があるという説もあり、できれば大豆製品を一日に一品は食するようにするのが理想でしょう。

納豆や豆腐は、特に調理をしなくとも食べることができるので、手間もそこまでかからず嬉しいですね。

何品かを組み合わせながら食事を摂ることをおすすめします。

上記のものは、腰痛によいだけではなく、全体的に身体に良いとされているものばかりです。

すぐに効果があらわれるものではないかもしれませんが、続けることで身体の調子も整えてくれるかもしれません。

ただ、どうしても、苦手なものばかりだと言う方は、サプリメントという方法もありますよ。

腰痛を温泉で治す

時間とお金に余裕があれば、腰痛を温泉で治すという選択も出来ると思います。

腰痛によく効くといわれている温泉はたくさんありますが、北海道であれば、登別のカルルス温泉、函館の湯の川温泉、阿寒湖温泉などが有名です。

おいしい食事をいただきながら、壮大な自然の中の温泉につかって腰痛を治せたら最高だと思いませんか。

湯治をするには、最低でも十日から二十日ぐらいかかるということです。

満腹時や空腹時の入浴は良くないので避けるようにして、湯治の最初と最後の方では一日に二回から三回ぐらいの入浴にし、湯治の中盤では一日に三回から四回ぐらいの入浴にするのが良いでしょう。

せっかく温泉に来たのだからと、何度も入浴していると、腰痛が改善するより自分の体調を苦してしまいますので注意して下さい。

湯治で温泉に入るときは、入る前と後には充分に水分ととるようにし、脱水症状にならないように気をつけるようにしてください。

一回の入浴時間は、だいたい二十分ぐらいを目安に入浴して下さい。

出来るだけ長く入浴しているほうが良いと思っている方が多いので気をつけて、無理をしない程度でのぼせたりしないうちに上がってください。

温泉によっては、湯音が高いところがありますので、そのような場合には方までつかるのは短い時間にして、足湯のように浸かっているといいと思います。

足湯の場合には、時々かけ湯をするとか、肩にタオルをかけたりして体が冷えないように気をつけてください。

入浴後は、体を冷やさないように十分注意をして、布団に横になって安静にしているのがよいと思います。

夜の九時から十時ぐらいに入浴してそのまま寝るのが一番効果的です。

温泉で湯治するなどの余裕が無い方は、毎日お風呂に入ってそのまま寝るようにするのが良いと思います。

スポンサードリンク
Copyright (C) 腰痛の症状と対策・治療. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。