腰痛の症状と対策・治療TOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

腰痛の対策にストレッチ

椅子に座っていても簡単にできる腰痛ストレッチを紹介します。

椅子に長い間座ったままでいると、腰痛が起こりやすくなりますので、腰痛ストレッチをして腰痛を予防しましょう。

まず、両足を肩幅ぐらいに開いて、上体を左にひねりましょう。

椅子の背もたれを両手でつかんでもいいですし、左の太ももの外側を右手でつかんでもいいでしょう。

できるだけゆっくりひねるように動いて、腰が伸びているのを感じてください。

30秒ぐらいひねったままで元に戻して、こんどは右にひねって、同じようにしましょう。

次は、椅子に浅く腰かけてから、両足を肩幅ぐらいに開きます。

背筋をできるだけ伸ばして深呼吸してから、息を深く吸い込み、ゆっくりと吐きながら、上半身を前に倒してください。

頭が両足の間に入るくらい倒してた後、3秒ぐらいして、ゆっくりと上半身を起こして元に戻します。

今度は椅子に深く腰かけてから、万歳して、息を深く吸いながら上半身を後ろに反らして、息を止めて3秒ぐらいそのままにしてください。

腰と背中が伸びたのを感じられたら、ゆっくりと息を吐きながら戻してください。

椅子に深く腰かけたままで、両手で片足を抱えるようにして持ち上げ、胸につくくらいにで3秒ぐらいそのままにして、元に戻すのも効果的な腰痛ストレッチになります。

腰痛ストレッチを立ったままでする場合は、ラジオ体操のような前屈と状態そらしがよりでしょう。

勢いをつけないようにゆっくりと、気をつけて行ってください。

スポンサーサイト
| 2009年09月02日 | 腰痛の対策 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 腰痛の症状と対策・治療. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。