腰痛の症状と対策・治療TOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

腰痛の薬

腰痛のときに一番使う薬は、シップ薬でしょう。

腰痛の症状によって、冷やすタイプと温めるタイプのシップ薬を使い分ける必要が有ります。

冷やすタイプのシップ薬を使うのは、腰痛で患部が腫れている場合や熱を持っている場合の急性の腰痛のときです。

温めるタイプのシップ薬を使うのは、慢性的な腰痛の場合です。、

冷やすタイプのシップ薬には、痛みを抑えて血行をよくする成分の鎮痛剤やメントールが含まれています。

アレルギー体質の方は、医師、薬剤師などに相談して使用するほうがよいでしょう。

熱や腫れが引いてきたて痛みだけになったら、温めるタイプのシップ薬に変更します。

温めるタイプの湿布薬には、唐辛子成分などが入っていて患部を温め、血行をよくしてくれますが、入浴の前後30分以内に貼ると大変なことになってしまうので注意しましょう。

温めるタイプのシップ薬には、患部を温める成分の唐辛子などが入っていて、血行を浴してくれます。

しかし、お風呂に入る前などに貼ると大変なことになるので注意して下さい。

お風呂を出てからも30分ぐらい後にシップを貼ったほうがよいでしょう。

ほかのタイプとしては、塗るタイプやスプレータイプの簡単に使用できるタイプもあります。

経皮鎮痛消炎テープ剤と言うのもあります。

慢性的な腰痛に悩まされている方は、漢方薬などもよいかもしれませんので、漢方薬を扱っている所で相談してみて下さい。

ほとんどの場合、飲むタイプの薬の方が効果が強くなりますので、慢性的な腰痛に悩まされている方は、医師や薬剤師などに相談して飲むタイプの薬を処方してもらう方が良いかもしれません。

腰痛を我慢していると、知らない間に変な体制になったいして、体のほかの場所に被害が出たりしてする場合がありますので気をつけてください。

腰痛のときに処方される薬は、筋弛緩剤、痛み止め、副作用を予防するための胃腸薬、骨粗鬆症、血流改善剤、ビタミン剤などです。

飲み薬がだめな方には座薬のタイプや、健康保険で処方される漢方薬もありますので、医師や薬剤師に相談してみて下さい。

スポンサーサイト
| 2009年09月09日 | 腰痛の治療 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 腰痛の症状と対策・治療. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。