腰痛の症状と対策・治療TOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

腰痛の手術(オペレーション)

近頃の腰痛手術では、下半身のしびれやマヒ、非尿障害などの重大な症状で無い限りは、腰痛の手術はしないようになってきているようですし、腰痛手術を行なう前に、保存的治療を適切に行うと腰痛手術をしないで済む場合も多いようです。

腰痛の原因によっては、腰痛手術をしないでも腰痛が改善するという研究報告も出ているようで、手術をすることによる後遺症障害などのリスクも回避できます。

最初に行った整形外科で腰痛手術をするように言われた場合でも、いくつかの整形外科に行って見てもらった方が腰痛手術をしないで済む場合も考えられます。

病院や外科医によっては、それほど必要が無い腰痛手術を勧めるところもあると言う事です。

腰痛手術をすることになった場合は、手術を受ける病院や外科医に充分な経験があるかを調べて、患部の傷が目立たない鏡視下髄核摘出や経皮的髄核摘出手術などの手術法を選んだほうがよいかもしれません。

腰痛の患者さんので本当に手術が必要なのは千人に2.5人であり、腰痛手術での死亡率は0.83%で、なんと83件の腰痛手術で一人の人が死亡している計算になり、千人の人が必要の無い腰痛手術で毎週亡くなっているとの事です。

この状況からすると安易な腰痛手術は受けるべきでなく、やはり複数の整形外科で診察してもらってから腰痛手術をするかどうかを決めたほうがよいでしょう。

また、手術方法や病院よって、入院する日数が違ったり、手術にかかる費用が違ってくるので、事前に手術方法や入院する日数と費用をしっかり確認してから腰痛手術をを受けるようにしてください。

スポンサーサイト
| 2009年09月14日 | 腰痛の治療 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 腰痛の症状と対策・治療. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。