腰痛の症状と対策・治療TOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

妊娠初期の腰痛について

妊娠初期の場合に腰痛持ちでなかった人でも腰痛になる場合があります。

こうゆう場合の原因として、「リラキシン」というホルモンの影響でなると言われています。

この「リラキシン」というホルモンは、関節をゆるめる働きをするホルモンです。

出産をする場合に産道を通って赤ちゃんが出てくる場合に関節を緩めることが必要なためです。

ゆるくなった関節を支えるためにじん帯や筋肉に負担がかかっているために腰痛になったりします。

関節や骨盤にも当然負担が掛かりますし、運動をあまりしていなかった人は筋肉が元々少ない場合が多いので腰痛になりやすくなります。

運動をしていて筋肉がある程度ある人は産後の回復も早いので、妊娠する前から運動を定期的に行うことが腰痛の予防になります。

妊娠している人の腰痛を和らげるのに効果があるものの中に「下着」があります。

妊婦さん用の下着で、やわらかな板のようなものが入っているものを使用することで、コルセットと同じような働きをしてくれるので少し痛みが楽になるようです。

これと同じようなものに骨盤用のベルトなどがあります。

整体に通うと言う妊婦さんもいるようですが、妊婦さんが整体に通うのは注意が必要です。

全ての整体師が妊婦さんに対して整体を行えるわけではないので、必ず妊娠中なのを整体師に伝えてから腰の痛みがあることを話してください。

妊娠初期の全ての人が腰痛になるわけではありませんが、最初のうちは何ともなくても姿勢を正しして少しでも運動するようにすることで妊娠中に腰痛になるのを予防する事が出来ます。

最近では、妊婦さん用のヨガなどが人気のようですので自分にあった運動を探して出来るだけ行うようにしましょう。
スポンサーサイト
| 2009年11月28日 | 腰痛の対策 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 腰痛の症状と対策・治療. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。