腰痛の症状と対策・治療TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 腰痛の症状 ≫ 腰痛ヘルニア

腰痛ヘルニア

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。

腰痛の症状が無い場合でも「5人に1人はヘルニア」、「3人に1人は椎間板ヘルニア」、「5人中4人は椎間板に膨らみがある」などの統計があります。

このような統計を見た場合に、現在痛みが無い人でも人事だと思えなくなります。

この統計は、ワシントン大学の調査(MRI検査)結果によるデータだそうです。

最初の「5人に1人はヘルニア」と言う数字は、痛みが無い60歳以下の人を対象にした数字です。

次の「3人に1人は椎間板ヘルニア」と言う数字は、60歳以上の人を対象にした調査結果です。

そして最後の「5人中4人は椎間板に膨らみがある」と言う数字は、60歳以上の人の椎間板を調べた結果の数字です。

この結果をみてあなたはどう思いますか?

特に最初の「5人に1人はヘルニア」と言う数字ですが、これを見ると少し怖くなりました。

やはり、少しでも腰痛の症状がある場合は、何かしらの対策をとった方が良いと思います。

そもそも、椎間板ヘルニアとはどのような病気なのでしょうか。

痛みが発生するのは、臓器のあり部分が元々ある場所から動いてしまったことによって起こります。

元々の場所から動くことによって、他の臓器や神経などを圧迫してしまい痛みが発生します。

・腰から足先にかけての激痛(ほとんどは片側)がある

・立っていると辛くなる

・前かがみの姿勢が特に辛い

などの症状がある場合は、椎間板ヘルニアを疑ってみた方が良いでしょう。

椎間板ヘルニアの場合、ただの腰痛だと侮っていると大変なことになります。

治療しないでそのままほおっておくと、痛みだけではなく「排尿障害」や「感覚障害」を引き起こしてしまうことがあります。

椎間板ヘルニアを予防するのに一番いいのは、日々の生活の中で姿勢を正しい姿勢にすることによって予防になります。

知らない間に足を組んでしまったり、あぐらをかいたりしてしまうことが多い人は注意して下さい。

反対に言えば、足を組んでしまったり、あぐらをかいてしまうくせを治して、背筋を伸ばすようにすることで少しでも予防に役立ちますのでそのように心がけて下さい。

スポンサーサイト
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 腰痛の症状と対策・治療. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。