腰痛の症状と対策・治療TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 腰痛対策グッズ ≫ 腰痛をベルトで対策

腰痛をベルトで対策

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。

腰痛ベルトを使用すると、体を支えるためのサポートや腰痛になりやすい姿勢を出来るだけとれないようにすることができます。

また、腰痛ベルトをしているだけで腰痛が起きにくくなったり、ぎっくり腰の人の再発防止などのサポートをしてくれます。

あなた自身にあった腰痛ベルトを購入しておくと、仕事に支障が出たり、遠出する場合などに痛みが出るのが怖くてあきらめるなどと言うこともなくなります。

腰痛ベルトは、腰痛が起きている位置や体系によって形状が違いますし、同じ形状の物でも価格に幅があり安いもので2千円程度から高いものは1万円以上するものまでいろいろですので、医師や薬剤師に相談して購入したほうがよいでしょう。

きつい腰痛ベルトをしていると、血流が悪くなったり、圧迫されて苦しくて気持ち悪くなったりしますので気を付けてください。

腰痛ベルトは、しっかり固定してサポートしてくれて、づれにくく、通気性が良いというのが理想でしょう。

腰痛ベルトを購入する場合は、試着できないことの方が多いので、ウェストと骨盤周りのサイズをちゃんと計って購入してください

自分の腰痛の症状に合わせて腰痛ベルトを選ぶことが大切ですので、ぎっくり腰、ヘルニア、中腰の姿勢で過ごす人、机に座ったままで過ごす人、スポーツ用などの腰痛ベルトがが売られていますので症状に合わせてしっかり選んで下さい。。

自分に合った腰痛ベルトをつけていると、腰痛も感じにくくなったり、すごく楽になるので、寝る時以外はずっと付けっぱなしと言う人も多いかもしれません。

しかし、腰痛ベルトに頼りすぎてしまうと、筋肉が衰えてしまう可能性が高いそうですので、必要に応じて、できるだけ短時間の装着に留めた方が良いでしょう。

スポンサーサイト
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 腰痛の症状と対策・治療. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。