腰痛の症状と対策・治療TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 腰痛の症状 ≫ 腰痛と肥満の関係

腰痛と肥満の関係

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。

腰痛と肥満の関係には、密接な関わりがあります。

肥満になればなるほど、体重が増えれば触れるほど、腰への負担が大きくなり、そのうち耐え切れなくなって、ぎっくり腰などの腰痛になっていきます。

肥満体の人は自分のバランスを保持するために、おなかを突き出して歩いている人が多いいようですが、この姿勢が腰に負担を与えます。

普通の体系の人以上に体重が増えた人でも、その体重を支えるための筋肉がしっかりしていれば、腰痛になり難いようです。

しかし、肥満体の人でしっかり運動して、体重を支えるだけの筋肉が付いている人は少ないようです。

だからといって、肥満体の人が急に運動を始めて、ダイエットをしたり、自分の体重を支えるための筋肉を付けようとすることは、逆に腰を痛めてしまう可能性が高いでしょう。

肥満体の人は、食事を制限してウォーキングなどの軽い有酸素運動や、自分のできる範囲でストレッチなどをするほうが良いでしょう。

ウォーキングでは、消費カロリーはたいしたことが無いため、ダイエットにはあまりなりませんが、足腰を鍛えるためには良いでしょう。

足腰を鍛えることによって、基礎代謝があがるため運動していないときですカロリーを消費することができるでしょう。

正しい姿勢でウォーキングすることを気をつけて下さい。変な姿勢でウォーキングしたりすることは、逆に腰に負担がかかり腰痛になってしまいます。

特に日中のウォーキングなどでは、脱水症状や日焼けなどにも注意するようにしてください。

年をとるに従い筋肉量が減って行き、基礎代謝が落ちで肥満になりやすくなったりします。

老化も腰痛が起きやすくなる原因の一つですから、老化と肥満が合わさったりすると相乗効果によって腰痛が起きやすくなったり、痛みが酷くなったりしやすいので注意してください。

スポンサーサイト
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 腰痛の症状と対策・治療. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。